風信木のひげ

treebeard.exblog.jp
ブログトップ
2016年 02月 27日

アップルパイ、沢山焼いています!

りんご商品、今季はあと一か月と少しで終わり・・・

りんごのタルトは個性派キャラです。
マニアックな愛好家が多いのですが、今年は文春文庫の「極上のお取り寄せ」にも出たので、新しいお客様も増えました。

りんごのプチパイは、小ぶりで買いやすく食べやすく、かわいい子。

アップルパイは・・・成型、焼きにも時間がかかる、りんご商品の女王って感じですかね~
こんな感じで焼きあがります。
e0134968_0251574.jpg

e0134968_0252476.jpg


おかげさまで、終了間近になったこの頃、沢山焼いています。
四分の一カットの販売も始めましたしね~

NH青山店さんではりんご商品SALE販売中ですよ!



さて、木のひげHISTORY、ブログ更新がなかなかできなくて遅れております。
これは昨年12月の風信から転記です。

木のひげHISTORY 2
いよいよ明日は開店という1983年10月12日のこと。
恐ろしいことが起こってしまいました。
酵母が全く醗酵せず膨らんでこないのです。
その日までの試作はとても順調だったのに・・・
開店の日の明け方になってもどうにもならず、ほとんど一睡も
しないまま、さわやかな秋空がなんとも恨めしい朝を迎えました。
意気揚々と友人知人、ご近所、心当たりの自然食品店に
開店のお知らせも配布済み。
皆さん楽しみに来てくれると思うと辛い・・・でも、なぜかそれほど
落ち込む感じではなく、その日までに焼いていた試作のパンを
訪ねて来られた方々にどんどん配って食べてもらって、酵母の話を
し続けました。本当に沢山の方が来て下さった気がします。
可笑しかったのは、我々夫婦の母親たちが店先に登場していて、
二人ともよく訳もわからないのに、「酵母が膨らまなくてねぇ、
スミマセン」なんて聞きかじりで謝ってくれていたことです。
二人ともすでに極楽浄土に旅立ってしまいましたが、木のひげは
スタートからしてそんな「家族の風景」色が濃いな~と今更ながら
思ったりします。
肝心の酵母が醗酵しなかった原因は、室内の壁に塗った揮発性の
ペンキ。更に無知がお恥ずかしいのですが、工房内でヨーグルトを
作ったりしていたことですね。初歩的なミス。
しかし、「酵母を自家培養してパンを焼く」ことについては、本当に
誰も知らない頃でした。          つづく
[PR]

by kinohige-hushin | 2016-02-27 00:39


<< あっという間に1ヶ月・・・      中学生職場体験 >>