風信木のひげ

treebeard.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 25日

パン祭りを終えて・・・

残念ながら雨になってしまったパン祭り。

私たち世田谷区以外のパン屋は体育館の中だったので、特に影響なく、多くのお客様との出会いがありました。
持って行ったパンが多かったので、最終的にはかなり余ってしまいましたが、イベントならではの、何が起こるかわからない、どんな出会いが待っているかわからないワクワク感を満喫。
帰り道は、精いっぱいやったあとの充足感で満たされていました。

9月のパンフェスと今回のパン祭り、続けて2回の出店では本当に多くのことを感じ、考えさせられました・・・

まもなく創業30年を迎えますが、ちょうどこの時期に二つのパンのイベントに参加する流れになったのも、何か意味があるのでしょうね。

今まで参加してきた沢山のお祭りやフェス、マーケットでの楽しい思い出や出会いが甦ってきます。
出店者も来場者も、人や物との一期一会の出会いが楽しくて集まって来るんですね~

30年前はパン屋の出店だけのフェスが催されるなんて想像もできませんでした。

安全な食品や農産物のお祭りなどが盛んになり始め、その中に数件の天然酵母パンやが出店している感じでした。

あの頃、国産小麦、天然酵母を謳って、多くの人にその価値を広めてきたパン屋としては、30年経った今、二つの、パンだけのイベントに参加して、驚いたり危惧したり・・・
複雑な思いをしたことを正直に告白した方がいいですね。

他のパン屋さんの商品を批判するのはどうかと思うのですが、どうしても気になってしまいますし、やはりはっきりさせておいた方がいいと思うのです。

それは、多くの生焼けのパンが販売されているということです。
(国産小麦、自家製酵母のパン屋さんの商品をいくつか購入して試食しての感想です。)

焼きが足りないために中心まで火が通ってなくて、澱粉がしっかりとアルファー化していないものが殆どでした。
そういうパンを食べると、国産小麦であろうと、必ず胃にもたれて消化不良を起こします。
ヨーロッパタイプのカンパーニュなどのパンを焼くなら、焼き方はあくまでもヨーロッパ流に、中までしっかり火を通して少々の皮の焦げなど気にしないで欲しいものです。

よくモチモチしたパンでおいしい、と言いますが、モチモチという表現は、ヨーロッパではまずいパンに使うようです。
しかし、モチモチをおいしいと感じるのは日本人なら普通なので、そういうおいしさを味わいたいときは蒸パンとか、あるいは酒だねのあんパンがありますしね。

ちなみに国産小麦の発酵力は弱すぎてパンには適してないそうです!
友人のパン屋が、ベルギーのリマのパン工場に小麦を持って行って調べてもらったら、「オレたちはこんな小麦ではパンは焼かない」と言われたとか・・・

それでも味がおいしい国産小麦でしっかりしたパンを焼きたいときは、レーズン酵母の力を借りれば、木のひげのカンパーニュのようなパンを焼くことはできます。

但し、生易しくはなく、ある意味無謀な挑戦?であるかもしれません。
   (長年そばで見続けてきた者の感想です。)
   (あるいはコゲすぎ!とのお客様のクレームに対応し続けてきた者の感想です。)

しかし、条件が整ってなくても、乗り越えてこその技術です。
妥協はあり得ません。

国産小麦、自家製酵母のパン屋が広まるといいな~と思って、レーズン酵母の作り方を本に提供したり、多くの方の相談を受けたりしてきましたが、生焼けのパンを販売するパン屋さんを増やしてしまうことになろうとは予想もしませんでした。

そして、それらのパン屋さんが情報によってもてはやされて人気を呼んでいる現状・・・
本当に残念です。



しかし・・・

お客様の中には、本当に「そこ」がわかっている方が、います!

今回もそんな方々に出会いました。

木のひげを知っている方も多かったですが、初めてなのに何かを感じて、パッと選んでくれる方。

理屈の時代は終わったんだな~とつくづく感じます。


投げたボールをしっかり受け止めて頂けるようなお客様とのつながりが、希少なだけにありがたく嬉しい時代です。


                                                  M.M記
[PR]

by kinohige-hushin | 2012-11-25 02:10
2012年 11月 23日

世田谷パン祭り納品してきました。

先ほど納品してきました。

あいにくの雨模様ですが、お客様たくさん来てました。

今年はルヴァンさんと向かい合っての参加です。(今年は2度も甲田さんに会いました!)

e0134968_1584136.jpg


ディスプレイが終了して、来場者を待つばかりです。ここで僕は工房に戻って仕事をしました。

イベント終了後、午後が今一つお客様の入りがなくスタッフは不完全燃焼気味との報告。

そこで急きょ明日(土曜日)は木のひげにて一部のパンを1割引きにしてのパンフェスをすることにしました。
[PR]

by kinohige-hushin | 2012-11-23 13:21
2012年 11月 21日

世田谷パン祭りに出店します

明後日23日金曜日、世田谷パン祭りに出店します!

世田谷区外のパン屋なので、池尻小学校第2体育館での出店です。

世田谷パン祭り

9月のパンフェスに続いてのパンのお祭り出店です。

最近は外に出る機会も多くなってきました。

大変だけど楽しいです!

お近くの方、ぜひ会場でお会いしましょう。
[PR]

by kinohige-hushin | 2012-11-21 00:38
2012年 11月 19日

ライ麦が入荷しました。

先日頂いて焼いたライ麦パン。好評でしたが、いよいよ本格的に入荷してきました。と言っても130Kgという限定ですが、、、。

このライ麦は松本のコムハウスさんという障害者社会就労センターで作られたものです。ここではジブリの森さんで使われている麦ストローを作っています。その麦ストローの麦がライ麦なのです。今回人づてにて木のひげが紹介されて取引が始まりました。

昨日入荷したライ麦です。(麦の穂が一つついていました。嬉しい心配りです。)

e0134968_0465714.jpg


ライ麦畑の画像も送っていただきました。

e0134968_0494047.jpg


写真というよりは幻想絵画のような畑です。ぜひ訪れてみたいです。

明日よりレーズンエキスと混ぜて酵母を作っていきます。ライ麦パン焼きあがるの楽しみです。

                                                          y.m記
[PR]

by kinohige-hushin | 2012-11-19 00:53
2012年 11月 11日

シュトーレン!

焼きあがりました!
これからラム酒の布にくるんで寝かせます。

ゆっくり時間をかけて香りがしみ込んでゆくように・・・

e0134968_1332637.jpg

さて、今日はY・M氏から「シュトーレンをついに極めた!」との発言あり。

この道もなかなか険しかったようですね~
[PR]

by kinohige-hushin | 2012-11-11 01:33
2012年 11月 07日

シュトーレン受注始まってます。

e0134968_2218171.jpg

[PR]

by kinohige-hushin | 2012-11-07 22:18
2012年 11月 03日

熟成していく香り

パンを焼いている時、いろいろな香りの変化にその時々のパンの状態を読み込んでいきます。

e0134968_23914100.jpg


生地を仕込んでいるときは酵母の香りがするとはいえ、小麦のなまな感じがします。

e0134968_2413454.jpg


分割を終え丸めてベンチタイムも終わるころには心持ち膨らんできて甘い香りが万重にこもります。

e0134968_246293.jpg


充分に蒸気の入ったオーブンに入ること30分、釜伸びも終え少し色付き始めた頃。

e0134968_249983.jpg


良い香りを伴って焼き上がりました。後は冷ましてパッケージされてお客様のところに届くのを待ちます。

袋を開けた時の香りを存分に味わって下さい。スライスするときの香り、よく噛みしめた時に口の中に広がる

香り。パンはその時々の香りで幸せにしてくれます。            y.m記
[PR]

by kinohige-hushin | 2012-11-03 02:56