風信木のひげ

treebeard.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 31日

新商品「バナナのパイ包み」

こんな時期ですが、思いつきで新商品ができました。

製造体制が整ってないので、多摩の工房だけでの販売です。

「バナナのパイ包み」税込357円です。

りんごのプチパイと同じく、いたってシンプルなパイ生地の焼き菓子ですが、有機バナナの甘さが、ちょっぴり塩味のパイ生地の中で引き立ちます。

もちろん砂糖は不使用です。

発送も、ご予約にて承ります。

e0134968_0135138.jpg


e0134968_014183.jpg

[PR]

by kinohige-hushin | 2011-03-31 00:14
2011年 03月 29日

リンゴ商品終了のことなど

お店は停電中も営業することにしました。

木のひげのある2グループが停電の時も、今のところこの辺では通電していますので、お店の販売などは問題ないと思われます。

しかし、製造や出荷の方はそういうわけにもいきません。

万一の場合もあるので、東電からの情報を元に通電の時間帯とスタッフの出勤可能な時間帯を組み合わせて、しかもヤマト運輸の集荷に間に合わせるというはなれワザをやっているので、なかなか大変です。ヤマトの集荷は以前の8~6時間も早くなっているのです!

パンの製造はすっかり深夜作業となり、長期化するとどうなることか。。。

リンゴ商品は、製造可能時間帯が少なすぎて、26日をもってやむなく終了させていただきました。

ほかにもお店に並ばない商品が出てしまっていますが、いつもギリギリまでがんばって、結局作れないという状態ですので、どうかご理解下さい。

停電の不自由さについては、住んでいるところで微妙に違いがあるので、温度差を感じます。

電気のありがたさを実感し、いかに無駄をしていたかを体感するためには、どの地域の人も等しく停電を体験した方がいいと思います。

(一人暮らしのお年寄りが、夜の停電時間中に大変な思いをしているというようなことを聞いたりもします。。。)

とりあえず今は季節商品を一時中断させていただいて、この体制でスムーズに仕事が進むように立て直したいと思っています。

いろいろと大変ではありますが、日々の仕事を大切にしっかりとが、いつでも木のひげの目標です。

どうぞよろしくお願いします。
[PR]

by kinohige-hushin | 2011-03-29 00:50
2011年 03月 22日

近況

通販のお客様の中にも、今回の大地震で被災された方がおられます。

代金は地震の前に振り込んで頂いているのに、まだお送りできていません。

毎日ヤマトの集荷の方に状況を聞いているのですが。。。

早く届けたい~と気持ちは焦ります。


お店の営業の問い合わせ電話をよく頂きますが、停電時間帯以外は営業しています。

ただし、仕事のリズムが通常と全く変わってしまっているので、カフェの方まで手が回らず、販売のみの営業とさせていただいています。

いろいろ困ったこともありますが、この停電では本当に多くの発見がありました。

さっきテレビで被災者の小学校卒業生の女の子が、「地震にあったからこそありがたいと強く思う」と笑顔で言っているのを見て、思わず涙。。。

すごいです!

受け止め方こそが何よりも大切と、あらゆる場面で教えてもらっています。

あまりにもショックなできごとばかり、煙を上げる原発。。。悲しみと不安のエネルギーがいっときは渦巻いていましたが、それでも、その感情を見つめているうちに、この経験が教えてくれていることの大きさに気付きました。

木のひげでも、いくつかの問題がなぜかこの経験で解消されつつある、という不思議な現象が起こっています。
[PR]

by kinohige-hushin | 2011-03-22 00:24
2011年 03月 16日

停電の合間を縫って

パンの製造お休みは一日だけで、火曜日から焼き始めています。

時間は計画停電の合間で。。。ほとんどが深夜作業ですが。

スタッフの勤務時間はそれほど変えられないので、全部の商品を揃えることはかなり難しい状況です。
冷蔵庫や冷凍庫の管理にも気を使います。

実は今のところまだ実際に停電はしていないので、予防措置をいろいろとれる余裕があるのがありがたいです。

この災害の影響で、誰もがまだ非日常的なテンションになってしまっているようですね。

店の数軒先にガソリンスタンドがあるのですが、そこは売り切れにならずに供給できているようなので、本当にものすごい長蛇の車の列が続いているのです。

木のひげに来たくても入れなかった。。。という方もいて、とうとうスタンドに苦情を言いました。

今日からはガードマンを雇って交通整理し始めたので、木のひげの前では車の流れが滞らないようになりホッとしました。

ガソリンを入れる必要はもちろんあるのでしょうが、それにしてもこんなに沢山の人が、本当に「今」入れなきゃいけないのか?

1時間以上エンジンをふかして並んでいたらかえってガソリンの無駄遣い!
しかも空気を汚染している!

普段にはない光景です。

一体なんでそんなに焦ってしまうのか。

スタンドの人が言ってました。
「みんな怒ってるんですよ。で、ガソリン入ると笑顔になるんです。」

大きな災害の心理的な影響なんでしょうね。

不安を解消したくての行動でしょうが、こればっかりはガソリン入れたくらいではすぐに基の黙阿弥になってしまうんじゃないかな。

不安と向き合うのはきついけれど、今度こそは逃げ切れない。

いえ、逃げるのはもう止めて、自分が責任もって選択しなければ。。。と気づかされています。
[PR]

by kinohige-hushin | 2011-03-16 02:05
2011年 03月 14日

停電のため14日は製造中止

東日本大地震の被害の状況、深刻です。

私たちは建物の7階にいたのでかなり揺れ、慌てました。

災害の最も大きい地域の方たちはどんなにか怖かったことでしょう。。。

木のひげではちょうどパンの製造はお休みの日でしたが、二人のスタッフが仕事をしていて、お店もやっていましたが、物が壊れたりということはありませんでした。

翌日の土曜は通常通り製造出荷しました。
出荷した荷物はやはり遅れているようです。

そして明日。。。(というか今日、ですが)

いつも通りに仕事をする予定で準備を進めていましたが、夜の10時ごろに報道で輪番停電が知らされました。
市の広報の車もマイクで知らせていました。

あらゆる作業を電気に頼っている現代のパンやはお手上げです。

昼間通電する時間帯は、4時間だけですから仕事になりません。

とりあえず明日の製造は中止。

明後日からは、夜中に焼くとか、何らかの方法を考えねばなりません。

しばらくはご注文頂いてもすぐにはお送りできないかもしれません。



それにしても、いつかはこんな時が来るような気がしていた。。。

電気に頼りすぎの生活ですからね~

私が子供のころは停電とか断水は日常的だったから、スイッチひとつで電気がいつでもパッ!という方が、むしろ不自然だとも感じます。

被災地の方々のことを思えば、多少の不便くらいは何でもないことです。

心静かに、災害にあって亡くなった方々の冥福を祈りつつ、気を引き締めて生活していくこと。

実際に手助けはできなくても、そんな気持ちでせめてもこの時期を乗り越えるしかないと思えます。

それから、原発からの放射能漏れが心配されています。

聞くところによると、海苔などの海藻類を多く摂ると放射能が身体に吸収されにくいそうです。

また雨などに直接当たらないように充分お気を付け下さい。
[PR]

by kinohige-hushin | 2011-03-14 01:36
2011年 03月 07日

3月の雪

今日は朝からまさかの雪景色。

木のひげはこんな感じでした。

e0134968_22564780.jpg


こちらは木のひげの前のニュータウン通り。

e0134968_22585225.jpg


最後に。。。入口にはワンちゃんを繋ぐチェーンもありますよ。

e0134968_2321984.jpg


外はこんな感じでも工房の中は寒さ知らずで、今日も一日忙しく仕事が終了。

夜には雪も雨に変わりました。

明日は一体どんな天気になるのかな?
[PR]

by kinohige-hushin | 2011-03-07 23:25